ホームページ集客・更新

徒歩中の一見客が見込める福岡市内にあるお店と比べた場合、郊外にある糸島市内のお店は、口コミやインターネットでの紹介が必要不可欠です。

糸島市内にある多くの飲食店や、雑貨屋さんなどは、福岡市内や唐津方面からの遠出客に来ていただける様、工夫を凝らしたホームページやブログを作成しているケースも多く見受けられますが、どんなアピール方法があるのか、間単に検討してみたいと思います。


観光情報サイトに掲載してもらう

糸島の情報に特化している観光情報サイトなどに、紹介記事を書いていただいたり、広告を掲載してみる方法があります。

その情報サイトをどれくらいのユーザーさんが閲覧し、活用しているのか? と言う部分が重要なのですが、雑誌やチラシなどと違い、発行部数のような基準となる数字がありません。

ユニーク訪問者数

ユニークとは重複しないことを指すのですが、インターネットの仕組み上、同じ方が一定の時間(6時間から24時間程度)を過ぎてから閲覧した場合、再度「一人」と数えざるを得ない為、どのような基準で公表するかは発表者の胸先三寸です。

原則として一人が1アカウントしか持てない、facebookのいいね!の数が解り易い判断基準になりますが、「その記事(1ページ)に対するいいね!数」と「facebook内にあるサイトのページのいいね!総数」はまったく別物ですから、どちらの数字を見ているのかを、正しく判断しないとその観光情報サイトの本当のポテンシャルは解らないので、注意して確認してください。

無料のブログサービスなどを利用する

インターネットを使った手軽な情報発信方法として、無料のブログサービスを利用する方法があります。

メリットとしては、無料であることのほかに、そのサービス自体にファン(読者となりうる方)がいらっしゃることです。

無料サービスなので、意図しない広告(ライバルなど)が表示されたり、様々な制限がありますが、独自ドメインを取得しての運用に比べ、簡単に運営できるので選択する方も多いようです。

ただし、例えばアメブロではアメブロユーザーしかコメントしにくいなどのデメリットがありますし、移転(サービス変更)の敷居も高いので、無料サービスを選ぶ際には慎重に検討しましょう。

独自ドメインを取得して自社で運用する

インターネットのトレンドはとても早く変りますから、それに対応する為にも独自ドメインの優位性は動きません。

状況が変わっても、自社のPRを継続できると言うことからも、お勧めできますが、一定の知識が必要となるために外部プロの力を借りないと、運用できないケースが多いようです。

ドメイン・サーバー管理のコストは年間2,000円程度から可能ですが、これは「存在する」だけの値段であり、「集客の為に上手に運営する」コストはピンからキリまで、大きな幅があります。

業者さんを探す上で、忘れないでおいて欲しい事は、下記一点です。

「安い業者を使ってはいけません」

インターネットは設備投資の少ないビジネスなので、「流行りモノを売る」と一番儲かります。(店舗などを構える必要がないため)

ですから告知・集客が上手な業者が、売るのに苦労している御社に近寄ってくることは、ありえないのです。

本当に力がある業者さんなら、御社の売ることが難しい商品より、売りやすい商品をチョイスして売ればいいだけなのです。

チラシを印刷する会社に販売力は不要なので、価格競争があり、安い業者を選ぶべきですが、インターネットで安い業者さんには、集客力がありませんのでご注意を!

糸島最新情報

  1. ゴミの収集日について
  2. 糸島市観光協会事務所移転と記念セレモニー
  3. 町屋カフェ 太郎茶屋 鎌倉の焼きカレーとチーズケーキ
  4. 白糸あじさいの会主催 白糸の滝あじさい祭り
  5. 糸島で一番美味しいパン屋さんは何処だ???
PAGE TOP