糸島市議会議員 いとうちよ子ブログ~ちよ便り

糸島市議会議員 いとうちよ子ブログ~ちよ便り

糸島市議会議員 いとうちよ子ブログ~ちよ便りのブログ最新記事

  • 面白すぎる「きららの湯をただでやるな!」の裁判 2017年11月5日
    11月1日、福岡地裁で開かれた「きららの湯をただでやるな!」の裁判を傍聴した。 糸島市住民315人が糸島市長を相手取って 訴訟をおこした2日目の裁判。 ひと言で言って、実に面白かった。   それは、原告の一人で税理士の方の意見陳述が、あまりに具体的で説得力があったから。 テレビのミステリードラマのごとく、市が市のすばらしい財産である温泉を無償譲渡すると決定した相手方企業が、どのような赤字を抱え、不安定な経営状態にあったかを、理路整然と述べ立てた。 それは、無償譲渡の正当さを根底から覆すものだ。   書類審査 …
  • 存在しない会社や法人の業者選定は詐欺的行為。議会は許しても市民は許さない。 2017年10月26日
    議会で指摘しても、与党議員に守られ、かばわれて、市が全く反省せず、詐欺的行為を繰り返すので、今回公表。 日本は、法治国家であることを思い出していただきたい。 市民の方々から、次々に、これが市役所のすることかと怒りの声が届いています。 この会社の設立は、平成24年2月22日。福岡法務局で調査。 前市長は、平成24年2月3日、副市長を委員長に、存在しない会社をあると偽って、委員会を開かせました。 そこには何も知らない市民2人が委員として出席していました。 市民を騙して、やらせの業者選定委員会をしたのです。 デタ …
  • 虚偽と不備だらけの申請書で社会福祉法人に認可決定~形だけの審査をした市の幹部たち 2017年10月24日
    昨年2016年7月5日、 法人ではない「いとしま子どもの会設立準備会」(福岡市東区)を、 市の規程に反して 神在保育所の移管先に決定した糸島市。 市がその次にしたのは、 「設立準備会」を正式な「社会福祉法人」として 設立認可してやることだった。 都合のいいことに、5年前、 社会福祉法人認可の事務が 県から市へ移管させられていた。 「いとしま子どもの会設立準備会」代表のW氏が、2016年11月1日、市に提出した社会福祉法人設立認可申請書は、虚偽と不備だらけである。 市が認可するとわかっているからだ。 それを形 …
  • 虚偽の公文書作成は犯罪行為。前市長に自治功労者の資格はない 2017年10月23日
    10月15日号の市広報によると、 公務員の良心を踏みにじり、部下の職員に虚偽公文書を作成させ、市役所ぐるみで不正な業者選定を繰り返していた松本前市長を、 月形市長は、11月3日、自治功労者として表彰するという。   それは、市が行ってきた数々の不正行為を反省せず、 これからも前市長をお手本に、虚偽や不正を続けることを社会に宣言するようなものである。 それは他の表彰を受ける立派な方々にたいして、あまりに失礼だ。   今回の神在保育所の無償譲渡も、きららの湯の無償譲渡も、前市長のときからの計画だった。 レールを …
  • ちよ便り10号裏面 2017年10月23日
  • ちよ便り、10号できました 2017年10月23日
    ちよ便り10号できました
  • 私への懲罰、辞職勧告は,「市の不正」隠し~利権優先の市政で市民が犠牲に 2017年10月18日
    9月議会で、私が懲罰と辞職勧告を受けたのは、 神在保育所移管の不正を質問し、 理事に「へいせい」元幹部がいたことを明らかにしたからです。 議会の審査で市の不正を見逃し、無償譲渡に賛成した与党議員たちによる「不当な攻撃」です。 これまで覚醒剤で逮捕されたり、女性に暴行して逮捕されたり、酒を飲んで議会に出席した保守系議員がいました。 しかし一度も、彼らに懲罰や辞職勧告をしたことがありません。 私だけが3回の懲罰、2回の辞職勧告を受けました。それは、私が一貫して市の利権体質を議会で追及してきたからです。  市は前 …
  • 神在保育所移管先決定書は虚偽だった~ 存在しない法人を市役所ぐるみで移管先に決定 2017年10月18日
    9月議会 一般質問より 今年4月1日、市は神在保育所を、「社会福祉法人いとしま子どもの会」に無償譲渡しました。 その財産総額は、建物2棟および保育所備品、遊具のすべてで、およそ5000万円にもなります。 しかし、無償譲渡の根拠となった移管先「決定書」は、市役所ぐるみで作成された「虚偽公文書」でした。 なぜなら、「決定書」に書かれた法人名「いとしま子どもの会(仮称)設立準備会」は、法人として存在しておらず、虚偽だったからです。 不正な手段で、市民の大切な保育所財産の所有権を、福岡市東区の人に、移転させた市の責 …
  • 桂田踏切の廃止は、市民の大切な交通財産の損失です 2017年9月29日
    こんなに立派な踏切を、市は廃止してしまいました。 新駅のホームが踏み切りにはみ出してしまうから、と言うのが理由ですが、あまりにお粗末な都市計画です。 1日に4,000人もの人が利用していた踏み切りをなくして、通行ができなくするのは、市民の財産の莫大な損失です。 議員の土地の開発と、土建業者の利権から始まった開発事業が、全国でも前代未聞の踏切廃止となりました。 …
  • 「へいせい」関連の質問で 懲罰、辞職勧告を受ける 2017年9月29日
    市の批判をすると、「黙れ!」とか「出ていけ」とか、与党議員からヤジ暴言を浴びてきました。 2010年に上司や議員のパワハラを苦に職員が自殺しても、市議会の体質は変わりませんでした。 私は6年前から、議会で不当に責められたり、怒鳴られたりすると、胸の動悸が激しくなる症状に悩んできました。 9月12日、神在保育所の件を質問中、井上健作議員(自民系)が大声でヤジを飛ばし、私が注意してもやめません。 議長や他の議員も注意せず、私は胸が苦しく頭が混乱してきて、「神在保育所をタダでもらった法人の理事が、元へいせいの幹部 …

糸島最新情報

  1. 浦志新駅建設に伴う桂田踏切の廃止
  2. ゴミの収集日について
  3. 糸島市観光協会事務所移転と記念セレモニー
  4. 町屋カフェ 太郎茶屋 鎌倉の焼きカレーとチーズケーキ
  5. 白糸あじさいの会主催 白糸の滝あじさい祭り
PAGE TOP