糸島の景色

前原地区では田植えがピークを迎えています

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
前原地区では田植えがピークを迎えたようです

梅雨の合間の晴れた土曜日、前原地区では田植えが盛んに行なわれています。

普段はスーパーやコンビニでお米を買ったり、炊き上げた白米をお弁当として買ったりすることは多いと思いますが、今日は簡単に田植えまでの流れを紹介したいと思います。

五月の田んぼと苗床

二条麦を二毛作している田んぼでは、麦の刈り取りが始まります。

麦の刈り取り風景(5月20日撮影)

麦の刈り取り風景(5月20日撮影)

同じ頃、畑や庭先を利用して、稲の苗が生長中。乾燥や夜の寒さに備え、繊維質のシートを掛けて栽培している方が多いようです。

畑で成長中の稲の苗(5月20日撮影)

畑で成長中の稲の苗(5月20日撮影)

綺麗な芝生のようです♪


六月の田んぼと苗床

麦の根っこを耕運機で粉砕させ肥料にしながら耕し、水を張って1週間から10日程度、馴染ませているようです。

水を引いて田植えに備える水田(6月18日撮影)

水を引いて田植えに備える水田(6月18日撮影)

畑の一部で大切に育てられた稲の苗は、生育したものから田んぼに植えられるようです。

田んぼに移動し始めた稲の苗(6月18日撮影)

田んぼに移動し始めた稲の苗(6月18日撮影)


田植え当日

軽トラの荷台を改造した専用車に積んで、一度に大量に田んぼの脇まで運びます。

専用車で田んぼに運ばれる稲の苗(6月18日撮影)

専用車で田んぼに運ばれる稲の苗(6月18日撮影)

バケツリレーの要領で、田植機に運び、セッティングします。

田植機に稲を積み込みます(6月18日撮影)

田植機に稲を積み込みます(6月18日撮影)

田植えの仕上げは、田植機を見事なハンドル捌きで操りながら、水田一面に稲を植えていきます。

高度なテクニックで隙間無く植えていきます(6月18日撮影)

高度なテクニックで隙間無く植えていきます(6月18日撮影)

※外側に田植機一台分の隙間を開け、中心部分に稲を植えた後に、外側を一周して田植え終了でした。

関連記事

  1. 二毛作が多い糸島の水田は麦が刈り取られ田植えが始まりました 二毛作が多い糸島の水田は麦が刈り取られ田植えが始まりました

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

残念な記事

伊都国フードフェスティバル 第5回 食taku市 伊都国フードフェスティバル 第5回 食taku市

4月23日(土)9:00から、多久の株式会社やますえにて、伊都国フードフェスティバル 第5回 食ta…

町家かふぇ 南風茶屋 町家かふぇ 南風茶屋

食べログなどで評判の良かった「町家かふぇ かまくら」として営業していた店舗を、そのまま継承する感じで…

明太子ニュース

Error: Feed has an error or is not valid

いいね! ランキング

    いいねを押されている記事はまだありません

本日のピックアップ情報

浦志新駅建設に伴う桂田踏切の廃止 浦志新駅建設に伴う桂田踏切の廃止

2019年3月開業予定のJR筑肥線波多江駅と筑前前原駅間の新駅建設の為、浦志の桂田踏切が本日の最終列…

只今のおススメ記事

  1. 角屋食堂の大正時代から続く伝統のポークチャップ定食
  2. 糸島パン工房わいわいのきんぴらごぼうとチーズのお焼き
  3. 7億円サマージャンボ宝くじ×10枚を5名様にプレゼント
  4. 春の白糸の滝で"焼きだんご"と"そうめんちり"
  5. 二十日大根(ラディッシュ)がすくすく育っています

糸島最新情報

  1. 庭のさつきが素晴らしい曹洞宗 萬歳山 龍国寺
  2. 春野菜たっぷりのおまかせランチ Cafeテラス 木の風
  3. ヘアカラーにこだわる浦志の美容室 COLORS
  4. 浦志新駅建設に伴う桂田踏切の廃止
  5. ゴミの収集日について

スポンサー

PAGE TOP